前へ
次へ

新聞広告を使って人材募集をかけてみる

いつも見ている新聞広告などで求人を募集する場合には、原稿サイズによって掲載料金が設定されています。
新聞のどのくらいの紙面を使うのかによって、対象となる人の目に留まることが出来るのかは重要なポイントになるからです。
新聞というのは多くの人の目に留まりますが、必ずしもそうとは限りません。
興味のないところに目がいかないからなので、仕事を探していない人は全く見ることのない可能性があります。
しかし、新聞広告で求人募集をするメリットには、仕事を探している人にとっていつも見ている新聞から流れてくる情報という点にあります。
いつも見慣れた新聞で仕事を探すということは、それだけで安心感が生まれますし、また条件によってはお得だと感じてもらえることがメリットです。
仕事を探している人が「なんだか怪しい」という気持ちになることはありませんし、信頼と信用ということでは新聞には大きなアドバンテージになっているからだといえます。

Page Top